豪ドルの年内の更なる利下げはなさそう

ここ最近、豪ドルは怒涛の利下げラッシュで、大きく売られ込んでました。ですが、今年も残るところあと3ヶ月、これ以上の利下げはないと予想する向きが多いです。

 

中央銀行の発言を聞く限り、豪ドルはまだ高い、もっと下げたいという意図があるようですが、追加の利下げが行えないとしたら、ここから更に下げるには、何かしらの経済指標のネガティブインパクトが必要でしょう。

 

自分はといえば、SBI証券で10月に募集される豪ドル債を、1000豪ドルだけ買おうか迷っています。トヨタモーターファィナンスが出す社債で、利率はまだ確定してないですが、豪ドルMMFから、債券買いしようかなと思います。

 

FXで、豪ドル円のロングを作ってもいいのですが、やはり、債券の方が利回りが高いですし。今はFXのポジは、ヘッジで、ドル円のショートを1枚持ってるだけです。

FXで資産運用をしよう

FXは初めて資産運用をする人に向いています。理由は簡単で、誰でも気軽に参加できるようになっているからです。FXに参加するための条件は、インターネット上に口座を持っておくことだけです。

 

FXは外国為替証拠金取引という名称の資産運用のことを言うので、文字通り為替を利用した取引になります。ですので、口座の中に入っているお金の入出金だけで取引を済ませることが出来るのです。為替相場という通貨の相場を参考にすることで利益を得ることが出来るようになっており、相場が安いときに買って相場が高くなったら売ってそれで終わりです。

 

また、実際に取引に慣れていなくてもデモトレードのようなシミュレーションが充実しており、仮想のお金を利用して実際の為替相場を利用しながら取引が出来るようにもなっています。
だからこそ、資産運用を始めてする人でも安心して取引できるのです。

FXについてもっと知りたいという方は

最近はFXへの興味が増しており、もっと知りたいのですが、検索をしてもいきなり専門用語ばかりが出てきて学ぶ機会がありません。知識が全く無い人にも分かりやすく解説しているサイトは無いのでしょうか。とネット検索しまくって探していたところFX初心者が基礎の基礎からチャート分析までしっかり学べるサイトを見つけました。「まだ自分には基礎知識が身についていないなあ」とか「もうワンステップ上のレベルの知識を身に付けたい」と思っている人がいたらぜひアクセスしてみてください。

 

もっとも、そういった物は自分が手を出して実際に運用をしている中の実体験でいつの間にか知識を深めるものなのかもしれませんね。

 

海外取引や金融商品に疎い私が存じているのは、FXとは、海外のお金と日本のお金のどっちの値段が上がるかを賭ける、というあやふやな情報のみです。
これが正しい情報なのかもよく分かりません。

 

上手な人は経済情報を収集し、どっちの値段が上がるかを予測でき、そのつど賭けているそうです。中には、変動を見張っていないといけないため、不眠になるひともいるそうです。不眠になってまで億万長者にはなりたくないなあ、と今日もFXに手を出さずじまいです。


このページの先頭へ戻る