他人にバレてしまう成り行きトレード

FXの売買のときに成り行きで売ったり買ったりすると、一時的に損しやすいです。それが他のユーザーにばれるからです。FXであっても売りと買いに連なっている玉数を成り行きでゲットすると、その数だけ増減しているのがすぐわかります。いま10玉買った人がいるとか、10玉指値が入ったとか、がわかります。そうすると、その成り行きで買った人の逆にレートが動きやすくなります。

 

もしも、ポンド円でポンドを成り行きで10玉買ったとしたら、その次にはその玉数が損失になるほうに動きやすくなります。だから、わからないように買う必要があります。ドドッとレートが動いているときであれば成り行きで買っても、ばれないという点では買い時といえるでしょう。静止しているときに買ったら、逆方向に動きやすくなります。

 

しかしそのあとにまた成り行きで20玉売った人がいたら、また逆方向に転換しやすくなります。


このページの先頭へ戻る