本気でFXに取り組み始める頃かな

FXで生計をたてている友人の影響でトレードに興味を持ちました。とはいえ、お金もありませんし、知識もなにもないところから突然FXデビューするのも怖いのでバーチャルトレードをしていたんです。何も知らないところから本を買ったりして随分と勉強しました。この状態からこの状態になり、こうなったらこうとか。

 

これがトレンドラインといって、こうやってひいてあげてとか。友人が会話のなかで必ず持ち出すPPという単語も知らなかったんです。初めてのバーチャルトレードから二ヶ月経ち、一通り知識だけは詰め込みました。トレードに使っても良いお金も貯めましたので、そろそろ本物のFXデビューをしようかと思っています。

 

バーチャルトレードと違いますし、一瞬でお金が消えてしまうのではないかと不安ではありますが、僅かながらでもお金が増えていくことを願いつつがんばりたいと思います。

 

FXと刻々と変化する世界

 社会も経済もテクノロジーも絶えず変化していきます。FXがうまい人間というのは、こうした環境の変化に対応できる人種であるように思いますね。環境の変化に対応できなければ、不合理な物の見方や考え方を継続的に引きづっていかなければなりません。未来を読むということは変化を読むことができるということのように思います。

 

数十年前の価値観と今の価値観が異なる。それは社会、経済、テクノロジーが変化した結果に他なりません。

 

 とくに国際関係について、FXをするには大事かと思います。国際社会の動向がわからなければ、通貨価値が高くなるか低くなるかを予想しえないでしょう。ジョージソロスは今回の安部ノミクスを通じて通貨で巨額の利益を得たと言われます。日本にいれば、意識しなければ日本の情報にしか基本的には触れられません。海外の情報に積極的に触れていくというのが大事なように思います。時間は限られています。その限られた時間で日本のみならず海外の情報に触れていくのです。


このページの先頭へ戻る